複合機のリースする際に検討すべき事

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`tweetmeme` not found]

オフィスに必要なアイテムの一つ、コピー機。今はコピーの機能のみではなく、ファックスやパソコンのプリンター、スキャナーの機能なども併せ持つ複合機が主流です。中には簡易的なデータサーバーの様な役目を果たすものも存在します。一般的に、これらの複合機は、家庭用のファックスやプリンターと比較すると、非常に高額なものです。そのため、ほとんどの使用者は、購入ではなく、リース契約という形をとり、複合機を使用する事になります。 複合機と一言で言っても、性能や機能により、様々な価格帯のものが存在します。モノクロのコピーや印刷しかできないものから、カラーのコピーや印刷ができるもの、コピーや印刷した紙をソートできるものなどがあります。ファックスで受け取った内容を紙で出力せずに、PDFなどのデータにして一時的に保存できるものも存在します。これらのものは機能によってリース価格も違ってきます。もちろん高機能なほど価格が高いので、どの機能が必要かを検討して機種を選ぶと良いでしょう。 複合機のリースは基本的に新品ですが、購入の場合、中古という選択肢もあります。中古の場合はどうしても最新の機能がなかったり、コピーや印刷のスピードが早くなかったりと制限が出てきます。また、リースでも購入でも、複合機にトラブルが発生した場合、メンテナンスのサービスを単体で受けるとなると非常に高額なものとなります。複合機はオフィスでは必要なものです。トラブルがあった場合は迅速に復旧できないといけません。そのために保守サービスの契約は必須と言えるでしょう。